ブログ
2017/09/27

月桂冠大倉記念館の魅力をご紹介♪★2017年酒蔵セミナーのお知らせ

14
クリップ

みなさん、こんにちは 和酒らぼスタッフです
今年も10月に 1泊2日の行程で、京都伏見にて、酒蔵見学やお酒の試飲、昔ながらの日本酒づくりを体験していただく「酒蔵セミナー」を実施します。

▼昨年の実施報告はこちら↓↓
日本酒づくりを体験!2016年『酒蔵セミナー』開催報告 vol.1

今年の「酒蔵セミナー」には、「2017年度月桂冠サポーター」として活動してくださった方の中からご参加いただくことになりました
当日の様子と、参加者のみなさんの感想は、後日ブログでご報告しますので、どうぞお楽しみに
また、「酒蔵セミナー」ご参加者のみなさんに、「日本酒についてこんなことを聞いてきてほしい」「酒蔵のこういうところを見てきてほしい」というリクエストがあれば、ぜひコメント欄にご投稿くださいね


さて、今回は、「酒蔵セミナー」の中で見学をしていただく月桂冠大倉記念館についてご紹介します。

●月桂冠大倉記念館とは?
月桂冠大倉記念館は、貴重な酒造用具類を保存し、伏見の酒造りと日本酒の歴史をわかりやすく紹介している資料館です。
展示室ご見学、きき酒の一般見学は予約不要です。
(隣接する酒房「酒香房」の見学は予約が必要です。詳しくはこちら

【おすすめポイント①】昔ながらの伏見の酒蔵の雰囲気が楽しめる!
明治期に建てられた酒蔵を改装し、伏見の酒造り、日本酒の歴史・文化を紹介する博物館として開設しました。
酒屋の帳場が復元されていたり、酒造り唄が館内に流れていたりと、昔ながらの伏見の酒蔵の雰囲気を楽しめますよ

 

【おすすめポイント②】伏見の名水を体感できる!
記念館にある井戸で伏見の水を飲んでみてください 来館された方からは「やわらかさを感じる」という感想も聞かれます。桃山丘陵から酒蔵の集まる西南方向へ流れ出る水は、非常にきれいで、鉄分が少なく酒造りに適しているんです

 

【おすすめポイント③】昔ながらの伏見の酒造りがわかる!
明治、大正、昭和期に、酒造りの現場で実際に使われた伝統的な酒造用具類を、日本酒づくりの工程にしたがって展示しています。
蒸米に使われていた甑(こしき)やもろみ桶など、実際に目にするとその大きさに驚きます

 

【おすすめポイント④】月桂冠の歴史がわかる!
古いラベルやビン、広告ポスターなど、月桂冠創業からの歴史を感じる資料を常設展示しています。レトロ好きな方は必見です

 

【おすすめポイント⑤】きき酒が楽しめる!
ご見学後にはロビーで「月桂冠レトロボトル 吟醸酒」「玉の泉 大吟醸」「プラムワイン」のきき酒もできますよ(詳しくはこちら

 

【おすすめポイント⑥】もろみ発酵の様子も見学できる!(要予約・オプション見学)
月桂冠大倉記念館に隣接する「月桂冠酒香房」(さけこうぼう)では、モロミが発酵している様子を、ガラス越しにご見学いただけます。ここで造った「しぼりたての酒」も販売していますよ(※時期・数量を限定し、月桂冠大倉記念館で販売)。

 

●アクセス
京阪本線中書島駅から徒歩5分、伏見桃山駅から徒歩10分
JR京都駅から近鉄京都線に乗換え、桃山御陵前駅から徒歩10分
JR京都駅からJR奈良線に乗り換え、桃山駅から徒歩18分

大きな地図を見る

そのほか、月桂冠大倉記念館について、詳しくはこちらをご覧ください。

月桂冠大倉記念館の近くには、坂本龍馬が逗留した寺田屋や、鳥羽伏見の戦いで薩摩軍の陣地となった御香宮神社、幕府軍が陣を敷いた伏見奉行所跡などもあります。
行楽の秋、京都にお越しの際は、伏見にも足を延ばして、酒蔵の街並みや幕末の歴史にふれてみてはいかがでしょうか

14件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください